2020.06.17

膝蓋骨脱臼に負けない身体をつくるために(前編)

こんにちは!   本日は膝蓋骨脱臼(パテラ)について少し。(前編・後編あります。)     小型犬、多いですね。 トイ・プードル、チワワ、ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャー・テリア、 マルチーズ、ポメラニアンあたりはほとんどの子が膝外れやすいですね。   あと、意外に柴犬も多いかな。     膝蓋骨脱臼(パテラ)は簡単に言うと膝のお皿の骨がくぼみから 内側/外側のどちらかにずれる・外れる関節病です。   膝は筋肉や靭帯、関節包によって支えられていますが、何らかの原因で膝関節が緩み、 本来正面で安定すべき膝蓋骨がずれることによってスムーズに屈伸できない状態になると、 それは膝蓋骨脱臼です。   グレードがあって、大雑把に言うと、 人為的に外そうとすれば外れるが日常生活にほぼ支障がないグレード1から、 常に外れていて自力で戻すこともできず歩行困難なグレード4まであります。     小型犬のほとんどがグレード1の状態で、 2の状態の子(時々外れるが足を伸ばしたりして外れた関節を自力で戻せる)もなかなか多く、 3の状態の子は稀に見ますが少し動かすだけでコキコキと簡単に外れます。   3の状態の子でも痛みはあまりなく、もう慣れてます~みたいな感じなのですが、 足を上げたままになったりしてかわいそうので、かなり美容時に気を使います。     グレード3と4は、はっきり言って日常生活にかなり支障をきたすでしょう。 この状態ともなると、お医者さんのご指示・ご提案を...

続きを読む・・・

ご予約状況
ご予約状況